霊視経営コンサルタント桜賀和officialサイト

【桜賀和のお茶室】日本の心、お風呂

 

バスクリンの会社は現在株式会社ツムラさんから独立後、

アース製薬さんのグループに入っている。

 

創業から90年経った今も愛されており、バスクリンの名は

誰もが知る所です。

 

効果効能は温泉に劣るといえど、

10-15分入浴すれば、何も入れないで入浴した場合と、

入浴剤を入れて入浴した場合とで、お風呂から出た後の

体が温まり続けている継続時間がかなり違っていたのには

驚きました。

香りや効能で、科学的なデータでも普通のお湯だけで入る

よりかなりリラックス出来ているようでした。

 

しかし、最近は若年層の入浴離れが増えていると言います。

理由は

 

「時間が無いから」

「掃除もしなくてはいけないし面倒…」

 

日本は遥か昔から活火山が沢山あり、

沢山の素晴らしい温泉が湧く国。

傷つけば湯治をしに行き、

綺麗好きなので、汚れればお風呂に入っていました。

 

江戸時代なんかは、日に3度もお風呂に入るのも

珍しくなかったそうです。(道路が土なので、

砂埃で汚れるのも要因)

 

見えない世界で言うと、お風呂に入るのは禊(みそぎ)

と同じ。良くないものを洗い落とし、浄化する。

 

かなりふるい落とせます。

 

特に温泉は、五行が整っているので肉体的にも

魂的にも効果がかなりあります。

だから心身ともに温泉は癒されるんですね。

 

今日一日頑張ってくれた体に「ありがとう」と

労いながら、お風呂に浸かってみてください。

特に、靈感が強い日本人の方には、見える世界でも

見えない世界でも、嬉しい効果が沢山あります。

 

 

関連記事